黒田尚子FP事務所 > ブログ > その他 > 「その検査、ぜんぶ一日でできないんでしょうか?」

「その検査、ぜんぶ一日でできないんでしょうか?」

みなさん、ごきげんよう。FP黒田です。

先日、乳がんの5年半の定期検診に行ってきました。

いつものように、血液検査、レントゲン検査を受け、乳腺科と形成外科(乳房再建をしているため)の診察等を受けます。

ただ、当日の外来スケジュール票には、半年前の予約時に自分で書いたと思われる「超音波、形成でやることを言う!」の手書きのメッセージが??

超音波検査なら、乳腺科の方でも受けることになっています。なぜ形成外科でも受けるのか、どんなつもりで書いたのか記憶がなく、さっぱり意味が分かりません。

結局、スケジュール票に記載されたすべての検査を終えたあと、形成外科の主治医の指示とおり、「形成でも超音波を受けることになっているみたいです」と、ロボットのように受付で告げて、本日2回目の超音波検査を受けることに。

どうやら、乳腺科で行った超音波検査は、全摘していない反対側の乳房の再発転移の有無を確認するためのもの。一方、形成外科のそれは、乳房再建時に入れたシリコンインプラントの破損など状態を見るためのもののようです。

そこで患者としては、素朴なギモン。

黒田:「あの~、検査の目的が違うのは理解できるんですけど、一回で済まないんでしょうか?」

医師:「う~ん。そうですよね~。調べる深さとか設定が違うんですよ~。数年後には可能になるかもですが、今すぐは難しいでしょうねえ」

そうなのか~、イロイロあるんだなあ、と思いながら診察室を出ましたが、1年後の定期検査の予約の段階でまたひと波乱。なんと、同日中に超音波検査は、2回予約することができないのだそう。そりゃそうだ。同じ検査ですもの(この時点で、外来スケジュール票に手書きで書かれたMSGの意味-予約できないから口頭で伝えろ-が、ようやく理解できた黒田なのでした)

さらに、「形成外科の超音波検査は、別の日に予約を取っていただくことになります」と、受付担当の方に言われて、絶句。

理屈は重々承知しておりますが、こちらは仕事の日程を調整して、交通費と時間をかけて通院しているのです!いわば時間単価で動いているフリーランスの人間にとっては、「2回目の超音波検査にかかった時間30分で、原稿1本書けたなあ」などと思ってしまうくらい、時間は大事なんです!!

と、ここまでは申しませんでしたが、こちらの事情をご説明しても、「患者さんは、みなさんそうしていただいてますし・・・」とのこと。ほかの患者のみなさんは、言ったりしないんですか?

「その検査、ぜんぶ一日でできないんでしょうか?」って。

結局、どうにも納得できず、別の日の予約をしないまま帰ってきました(ごめんなさい。受付担当の方(>_<))。もちろん、病院側のご事情があることもわかりますが、患者は数時間、病院にいるだけでぐったりしてしまうのです。費用的にも身体的にも時間的にも、なんとかこの手の検査の重複を解消できないものでしょうか?医療関係者のみなさま、切にお願いいたします。

 

2015.08.30外来スケジュール票

スケジュール票には私が書いたと思しき意味不明なMSGが?