黒田尚子FP事務所 > ブログ > その他 > 棄てる神あれば拾う神あり!?ーがんサバイバー向けがん保険の新規募集停止&新商品発売開始

棄てる神あれば拾う神あり!?ーがんサバイバー向けがん保険の新規募集停止&新商品発売開始

みなさん、ごきげんよう。FP黒田です。

さて、本日は、がん罹患者向けのがん保険に関するお知らせです。

日頃、私がご紹介をしてきた、これらの数少ない商品の一つに、アメリカンホーム保険(以下、AH)の「みんなのほすピタる緩和告知型ガン保険」があります。

この商品は、現在も「がんで通院している」あるいは「抗がん剤治療中である」といった方でも、がんの診断・入院・手術から2年で申込みができるなど、加入条件のハードルが低い!

一般的な、緩和型医療保険のがんに対する加入条件が、おおむね「5年」経過後ですから、その緩やかさはお分かりいただけるでしょう。

保障内容もがんの入院や手術といった基本補償に加え、オプションでがんで5日間以上継続して入院した場合、ガン継続入院時の一時金(100万円など)を追加できる上、保険料も割安。満20歳から加入できますので、20代、30代といった若くしてがんに罹患してしまい、無保険状態で、今後の再発・転移が心配・・・という方には、とくにニーズが高い商品だと思います。

これがAIGグループ内での事業の簡素化にともなって、2016年4月1日より新規契約の販売を終了すると発表しました。

詳しくはこちら→新規契約の販売活動の終了について

したがって、AHの既存商品については、来年3月末までは加入できますが、4月以降加入することができなくなります。4月以降は、医療保険やガン保険の新規販売については、同グループのAIG富士生命に集約されるものの、AHの既存商品をAIG富士生命が販売する予定はないとのこと。

そうしてもう1つのお知らせは、新しいがん罹患者向けのがん保険に関するお知らせです!

来月11月16日から、テラ少額短期保険では「がんサバイバーのための”再発治療保険”」の販売を開始します。

詳しくはこちら→プレスリリース「一度がんを経験された方が再びがんと診断された時に備える「がんサバイバーのための“再発治療保険”」を11月16日より販売開始

この商品は、がん経験者が再発・転移した場合、「がん診断給付金」として100万円、がんで免疫細胞療法を受けたときに「免疫細胞療法保険金」60万円、合計160万円が受け取れるものです。

この手の商品で、基本保障に一時金が付加されているのは、はじめてではないでしょうか?

もし、がん免疫細胞療法を受けずに死亡した場合でも、免疫細胞療法保険金と同額の60万円が待機死亡金として支払われ、再びがんと診断された後の保険料が免除されます。

ただし、加入条件は、原則として次のいずれかに該当し、今までにかかったがんの回数は1回のみの場合。加入年齢も40歳から69歳までとなっています。

①病期(ステージ)Ⅰ期またはⅠ期相応の場合、手術あるいは放射線治療後3年以上経過している。

②病期(ステージ)Ⅱ期またはⅡ期相応の場合、手術あるいは放射線治療後5年以上経過している。

したがって、病期(ステージ)Ⅲ、Ⅳ期である、がんの手術あるいは放射線治療を受けていない、がん治癒していない方は加入できません(なお、ホルモン治療を継続中など、加入できる場合もあるそうですので個別に問い合わせを!)

ちなみに、告知書をチェックしてみると、黒田は加入できそうです!なんだか嬉しい気分になりました。

テラ少額短期保険では、今年2月に「医師が考えたがん治療のための”免疫保険”」の販売を開始。がん患者が、がん免疫細胞療法を受けやすくなる環境作りを目指しておられますが、とりわけ再発した場合、免疫細胞療法が再発がんの治療法として効果が期待されることからも、今後の動向に注目していきたい商品です。

奇しくも、この2つの商品のニュースリリースが発表されたのは、同じ10月14日。保険に加入したいがんサバイバーにとって、「棄てる神あれば、拾う神あり」といった心境でしょうか。

前者の商品に駆け込みで加入するか、後者の商品をじっくり検討するか・・・良し悪しは、それぞれでしょうが、迷われた方は一度、ご相談くださいませ(笑)