黒田尚子FP事務所 > ブログ > がん活 > 新刊「がんとお金の真実(リアル)」が上梓されました!

新刊「がんとお金の真実(リアル)」が上梓されました!

みなさん、ごきげんよう。FP黒田です。

さて、本日は新刊のお知らせです。

この夏ほぼ缶詰め状態になって執筆していた「がんとお金の真実(リアル)」(セールス手帖社保険FPS研究所)が上梓されました。

奇しくも、10月30日は、私の愛娘の11回目の誕生日。私にとっては、喜びが二重な日でもあります。

2009年12月に乳がん告知を受け、「5年生存率50%」と担当医に告げられたときのことを思えば、娘の11回目の誕生日を一緒に祝うことができるなんて、私にとってまさに夢のよう。

その上、がんとお金に関する本をまた世に出せる機会を設けていただけるとは!

本当に感謝、感謝です。

今回の本は、とりわけ働き盛りの方ががんに罹患された場合にどうなるか、どうすべきかについてのノウハウや、どれくらいお金がかかり、収入がどの程度減ったのかを、実際に肺がん、胃がん、大腸がん、前立腺がん、肝がん、乳がんといった代表的ながんに罹患されている方に取材を行って執筆しました。

みなさんにお話を伺って、本当にがんというのは、多様な病気であり、お金のかかり方は千差万別だということをしみじみ実感しました。

今年の6月に上梓した「50代からのお金のはなし」(プレジデント社)でも、実施に遠距離介護を行っている方々に取材をさせていただいて、生の声を聴くということにこだわったのですが、とにかく実体験というのはリアルだし、ケースバイケースなんですよね。

前作「がんとお金の本」(ビーケーシー)の発売は2011年8月-まだ私自身が治療中の時期でしたが、今回は、治療も終わり、がんとともにいかに生きていくかについて重点を置いています。

これまで相談を受けたがんサバイバーの方々の抱えるお悩みや問題を反映し、より実際の治療や生活に役立てられる内容がコンパクトにまとめられていますので、是非ご一読くださいませ。

最後になりましたが、監修をお引き受けくださった査定医の牧野安博先生、社会保険労務士の池田多鶴子さんには、適切なご指導とご指摘をいただきました。

また本書の発刊・編集にあたりセールス手帖社の高田さん、松田さんには大変お世話になりました。とりわけ松田さんには、黒田のずさんなザルチェックのおかげで、校了ギリギリまでチェック&チェックの面倒をお掛けしてしまい、感謝とお詫びの気持ちで一杯です。

そして、そして、取材を引き受けてくださったがんサバイバーやそのご家族の方々。同じがんサバイバーの気安さから、デリカシーのないご質問も多々あったかと存じますが、この場を借りてごめんなさいとお伝えします。本当にご協力ありがとうございました。深くお礼を申し上げます。

多くのがんサバイバーの方に取材をさせていただきました!

多くのがんサバイバーの方に取材をさせていただきました!