黒田尚子FP事務所 > ブログ > 「湯を沸かすほどの熱い愛」は本当に熱かった・・・

「湯を沸かすほどの熱い愛」は本当に熱かった・・・

みなさん、ごきげんよう。FP黒田です。

先日、長年お付き合いのある女性編集者さんから、「この映画良いですよ」と勧められて観たのが、「湯を沸かすほどの熱い愛」(2016年10月29日公開。監督・脚本:中野量太)です。

タイトルからは想像もつかないくらい深い内容でした。

基本的に、映画に関する感想を他人さまに述べるのがあまり好きではないので、ちょっとだけ書くと・・・

宮沢りえさんと杉咲花さんが母娘役、オダギリジョーさんが行方不明の夫役で、余命宣告を受けた主人公・双葉(宮沢りえ)の奮闘に迫る家族ドラマといった感じでしょうか。

とにかく、俳優陣がそれぞれ役柄のキャラに合っていて、ちょいちょい泣かされます&笑わされます(苦笑)。

内容も、ある日突然、夫が蒸発しちゃうわ、見つけたときには、娘が一緒でその母親は出て行ってるわ、娘は学校でいじめに遭って、不登校気味になっているわ、自分もがん宣告を受けて、余命2,3ヶ月だわ。

それ以外にも、ほとんど登場人物の全員が複雑な家庭環境を背負って、苦悩しながら生きているという設定で、まさに現代社会で起きているさまざまな問題の縮図のよう。

とりわけ、やはり私自身がサバイバーかつ同じ年頃の一人娘がいるもので、母娘の関係性とか絆とか、ふとした会話とかが、オーバーラップして仕方ありませんでした。

とくに、旅先で夜、咳が止まらずトイレにこもった母・双葉に対して、娘・安曇がドアの外から「お母ちゃん、大丈夫?背中さすろうか」と心配そうに声掛けしているシーン。

もちろん顔かたちは、ウチの娘と杉咲花さんはまったく似ていないのですが、気づかってくれる空気感が同じで、またまた涙してしまいました。

さて、娘がこの映画を観たら、どう感じるんだろうなあ。きっと、私が手術したときのことを思い出したりして、泣くだろうなあ。

ホント、泣き虫だから(笑)。

文春文庫さんから原作本も出ているので、どうぞ。私も読みましたが、ほぼ映画の内容と同じです。

「湯を沸かすほど...」の画像検索結果

湯を沸かすほどの熱い愛 (文春文庫)/中野量太/著|neowing