もはやバレンタインデー恒例?チューリッヒ生命さんの新商品発表会に行ってきました!

もはやバレンタインデー恒例?チューリッヒ生命さんの新商品発表会に行ってきました!

みなさん、ごきげんよう。FP黒田です。

昨日、2月14日はバレンタインデー。

結婚してかれこれ18年。まったく、夫にチョコレートをあげたことはなかったのですが、何となく買おうかなと思い立ち、「日頃の感謝を込めて」とメッセージつきで渡したところ、「ど、ど、ど、どうしたー!!何かあったのかー!!!」と非常に驚かれました(苦笑)。

まあ、定期試験中でがんばっている娘に買ってあげたくて、そのついでというのもあったのですが…。予想以上に嬉しそうだったので、良かったです。

さて、前置きさておき。

昨日は、チューリッヒ生命さんの新商品「定期保険プレミアムDX」と「収入保障保険プレミアムDX」の発表会があったので行って参りました。

ちょうど、前日に↓の報道があったばかりで、結構、業界はざわついている感じですが、やはり、保険は保障性商品でしょうということですかねー。

生保各社、「節税保険」販売休止へ 国税庁の税務取り扱い見直しで

新商品について詳しくはリリースをご確認いただくとして、黒田として気になったのは、「収入保障保険プレミアDX」で、死亡保障と就業不能保障がはじめからセットになっているという点。

同社では、セットではなくオプションとして着脱(!)可能にした方が、という意見もあったそうですが、この2つを切り離す意味はないだろうとの視点から、セットされた状態での販売となりました。

就業不能年金と収入保障年金の設定額は月額5万円から1万円単位で自由に設定可能だとのこと。

生きている間の働けなくなるリスクと亡くなった後の死亡リスクのいずれかを手厚くしたりといったことも可能です。

ちなみに、「定期保険プレミアムDX」の方は、就業不能保障がオプションで付けられます(定期保険に就業不能保障が付帯できるのは業界初だそう)。

これで同社の商品は「●●プレミアムDX」のネーミングで統一されることになります。

今年4月2日発売開始ですので、お客さまの反応はいかがでしょうか。楽しみです。

バレンタインデーらしく、スイスのLindtのチョコレートをお土産にいただいて帰りました。

生物学的製剤を投与されているリウマチ・IBD・乾癬の患者さんのサポートコミュニティ「トモノワ」のご紹介

みなさん、ごきげんよう。FP黒田です。

本日は、私が一部、監修を担当させていただいているサイトのご紹介です。

会員制サポートコミュニティ「トモノワ」は、生物学的製剤を投与されているリウマチ患者さん、IBD(炎症性腸疾患)患者さん、乾癬患者さん向けのサイトで、1月11日から公開されています。

ステラーラ/トレムフィアをご使用になる患者さんへ

患者さんサポートコミュニティ

 

一般的な医薬品は、化学的に合成した物質をもとに作られますが、生物学的製剤は、たんぱく質など生体がつくる物質を利用した最先端のバイオ技術によって生み出された医薬品。

予防接種に用いられるワクチン製剤や、インスリンなどのホルモン製剤も広義の生物学的製剤といえます。

生物学的製剤は、例えば、関節リウマチの場合、2003年から国内での使用が開始されるなど、近年、有効性が期待できる治療法として注目されています。

ただし、新しい治療法の常ですが、薬剤費が高額である点が患者さんにとっても悩ましいところ。

そこで、サイトでは、FPとして、医療費負担を軽減させる方法や患者さんの家計の考え方などをアドバイスしています。

また、担当コーナー/プロノワ~専門家の話~では、FPとして、生物学的製剤に伴うお金の悩みについて、患者さんからいただいた質問にもお答えしています。

なお、トモノワは、それぞれ生物学的製剤を利用される各疾病の患者さん専用サイトになりますので、主治医の先生からお渡しいただく「トモノワ」紹介冊子の裏表紙に記載されている登録コードが必要です。

●サイト名・URL

・生物学的製剤を投与されているリウマチ患者さんを対象にした患者さんサポートコミュニティ「リウマチ」トモノワ

https://www.tomonowa.jp/ra

・生物学的製剤を投与されているIBD患者さんを対象にした患者さんサポートコミュニティ「IBD」トモノワ

https://www.tomonowa.jp/ibd

・生物学的製剤を投与されている乾癬患者さんを対象にした患者さんサポートコミュニティ「乾癬」トモノワ

https://www.tomonowa.jp/pso

●サイト公開日

2019年1月11日

脳卒中+循環器病+がん!三大疾病勉強会ハシゴの一日(後編・あんしん生命さんへ)

みなさん、ごきげんよう。FP黒田です。

2月4日は勉強会をハシゴした1日だったのですが、昨日、あいおい生命さんの前編を書いてブログは力尽きました(苦笑)。

さて、本日は後編として、同日の午後から行われた東京海上あんしん生命さん主催の膵がんに関する勉強会についてお伝えしたいと思います。

お話は、東京慈恵医科大学 消化器・肝臓内科 医局長の鳥巣勇一先生による「予後改善を目指した膵癌早期発見のストラテジー」です。

ストラテジー。戦略ということですな。

実は、私の父親も今から約20年前に膵がんで亡くなりました。享年63でした。

ステージなどがどうだったか定かではありませんが、とにかく診断がなかなかつかなかったこと。治療らしい治療をしないまま、告知から3ヵ月ほどでなくなったことはよく覚えています。

なので、膵がんについては、多少の思い入れがあります。

さらに、初期では症状が出にくく、予後があまり良くない難治性の高いがんであるということも。

2017年の統計データでは日本人死亡数の部位別4位。

2018年に発表された3年生存率も約15%ですから、同じく増加傾向にある前立腺がんの99%と比較するとその差は歴然です。

さて、鳥巣先生のお話は、このような膵がんの前提を踏まえ、

症状が出にくい、死亡率が高い→早期で見つけることが重要→ただし、膵臓がんについて現在指針として定められている検診はない→しかし、有用な検査方法の選択が重要(超音波内視鏡(EUS)習熟した技能が必要?!)→膵癌のリスクファクターに着目して、リスクが高い人を集中的に検査することが必要

という感じではなかったかと理解しています(すみません)。

そこで、もっとも気になる膵癌のリスクファクターですが、鳥巣先生の資料を引用できないということですので、日本膵癌学会の「患者さんのための膵がん診療ガイドライン解説」によると、以下のとおり。

・親子・兄弟姉妹の病気:膵がん、遺伝性膵が症候群

・自分の病気:糖尿病、慢性膵炎、遺伝性膵炎、膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)、膵のう胞、肥満

・嗜好:喫煙、大量飲酒

鳥巣先生のお話では、家族性膵癌のリスクは、第一度近親者(親、兄弟姉妹、子)に2人以上の膵癌患者で、6.79倍ということ。

まっ、まずい・・・。

そして、鳥巣先生が注目するリスクファクターが、膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)だそう。

IPMNとは膵管の中に粘液がたまって膵管の拡張や膵のう胞(袋状のもの)ができる膵腫瘍。

膵癌ができやすい病気のひとつで、IPMNと診断されない膵のう胞からも膵癌が発見されることがあるので慎重な検査が必要だといいます。

とにかく、今日1日、知らないことがたくさんでしたし、知れば知るほど不安になってきました・・・(苦笑)

いずれにせよ、あいおい生命さんもあんしん生命さんも、貴重なご講演を企画してくださってありがとうございます。

是非ともお客さまへのアドバイスに役立てたいと思います!

 

 

脳卒中+循環器病+がん!三大疾病勉強会ハシゴの一日(前編・あいおい生命さんへ)

みなさん、ごきげんよう。FP黒田です。

2月に入って、昨日は節分、今日は立春ですが、寒い日と暖かい日が交互にあって、体調管理が大変ですよね。

さて、本日2月4日は、午前中から、東京の綱町三井倶楽部にて、三井住友海上あいおい生命さん主催の最新の医療情報に関するセミナーに参加してきました。

おもなテーマは、脳卒中、循環器病について。

脳卒中に関するお話を日本脳卒中協会理事長の峰松一夫先生、循環器病に関するお話を日本循環器学会代表理事の小室一成先生に。

そして、それぞれの疾患に罹患された同社の社員さんにもご経験を語っていたただきました。

前掲のお二人の先生は、昨年の2018年12月10日に成立した「脳卒中・循環器病対策基本法」にも尽力された方々で、その分野の権威でいらっしゃいます。

※参考:脳卒中・循環器病対策基本法の成立を求める会

同基本法の意義のほか、それぞれの疾患の現状や治療法、予防啓発活動について、貴重なお話を伺うことができました。

私自身が、がんサバイバーということもあり、がんについての情報は日頃から自然と入ってきますが、脳卒中と心疾患などの循環器疾患については、なかなか触れる機会がありません。

いずれも死亡率ワースト3の位置づけにある三大疾病ですので、今回の勉強会はとても良い学びときづきになりました。

そして、勉強会の後に開催された情報交換会で、小室先生から非常に恐ろしい話を聞いてしまったのです!!!

それは、抗がん剤や放射線治療などを受けたがん患者さんは、循環器疾患を併発するリスクが高いということ。

たしかに、抗がん剤の中には、心臓に悪影響を及ぼす毒性(心毒性)を持つものがあって、がん治療によって、循環器や心疾患を悪化させることがあると聞いた記憶が・・・

私自身も、抗がん剤治療前の検査として、心電図検査や心臓超音波検査(心エコー)など、心疾患がないことを確認する検査を受けて、「ああ、心臓が弱いと、抗がん剤治療ができないんだ」ということを知りました。

(結局、抗がん剤治療は行わなかったので、検査費用がムダになったと憤慨することに(苦笑))

しかも、不整脈のため(いつもひっかかる)、さらに精密検査が必要ということになり、「いやあ、心疾患の可能性もありますねえ。がん治療がひと段落したら、次はこっちの治療を行いますかぁ」などと担当医に脅され、半べそをかきながら帰宅したものです。

がん患者の生存率が高まり、余命が延長することで、心毒性の徴候も増加しているそう。最近では、「腫瘍循環器学」なる新しい分野も登場しています。

ということで、詳細な情報等は、小室先生が理事長を務められる日本腫瘍循環器学会へ。

ちなみに、三大疾病特約は、重複して保険金が支払われることはなく、いずれかの理由で保険金が支払われると契約は消滅します。

仮に、がんで保険金をもらって使ってしまった後、急性心筋梗塞を起こしたら・・・治療によっては他の病気のリスクも考えて、お金を取っておいてくださいね、とアドバイスせねば。

また、急性脳梗塞については、最新の治療法を知ることも重要だと再確認。

とにかく倒れたら、躊躇せず救急車を呼んで、t-PAによる血栓溶解療法や血管内治療を行っている病院に運んでもらうべしです。

峰松先生が名誉院長をつとめる国立循環器病研究センターのHPから、非常にわかりやすいt-PAに関する情報を発見→こちら

まさに、知は力なり!です。

1/22(火)BS日テレ深層NEWS「がんとお金」特集に出演します!

みなさん、ごきげんよう。FP黒田です。

あまり(というかまったく(>_<))テレビ出演の告知はしないのですが、たまに出た後に、みなさんから、「教えてくれていたら観たかったのに!」というお声を多数いただくので、今回は珍しくお知らせいたします。

本日、BS日テレの深層NEWS(22:00~23:00)にゲスト出演します。

テーマは、「がんと診断されたとき お金に困らないために」です。

日本医科大学武蔵小杉病院 腫瘍内科の勝俣範之先生とご一緒させていただきます。

私自身ががんでかかったお金、戻ってきたお金の「がん家計簿」をかなり詳しくご紹介します。

宜しければご覧ください!

深層NEWS

毎週月曜~金曜 22:00~23:00

深層NEWS 毎週月曜~金曜 22:00~23:00

2019年01月22日(火)
#1347 がんと診断されたとき お金に困らないために 経験者が家計簿を公開
【ゲスト】黒田尚子(ファイナンシャルプランナー、がん経験者)
勝俣範之(日本医科大学武蔵小杉病院 腫瘍内科教授)

今回のゲストは!

2019年01月22日放送

【テーマ】
がんと診断されたとき お金に困らないために
【ゲスト】
黒田尚子(ファイナンシャルプランナー、がん経験者)
勝俣範之(日本医科大学武蔵小杉病院 腫瘍内科教授)先週、国が初めて公表した「全国がん登録」のデータ。いま、年間に100万人近くが新たに「がん」と診断されています。
あなたは「がん」への備え、できていますか?「がん」と診断されたら、治療には幾らかかるのか? 「がん」と付き合いながら仕事を続けるにはどうすれば?
きょうは、「がん」を経験したファイナンシャルプランナーと「がん治療」の専門医と共に、「がん」でお金に困らないためにはどうすればいいのか、徹底検証します!

※テーマとゲストは、変更になる場合があります。

  • 深層NEWS PR動画
  • 深層NEWS twitter公式アカウント
  • 深層NEWS 公式Facebookページ
  • 読売新聞の深層NEWS関連記事

※放送内容を変更する場合があります。ご了承ください。

 

新連載スタート!ライフネットジャーナルONLINEで【FP黒田の人生相談】が始まりました♪

みなさん、ごきげんよう。FP黒田です。

年始から風邪(咳ゴホゴホ系)をひいてしまい、本調子ではなかったのですが、ようやく今週あたりから復活しました。ヤレヤレ。

さて、今回は新連載のご案内です。

1月からライフネット生命さんがオンラインでお届けしているウェブメディア「ライフネットジャーナルONLINE」において、【FP黒田の人生相談】という連載をスタートすることになりました。

ライフネットジャーナルは、ライフネット生命さんのスタッフの活動状況や旬な方々へのインタビューなど、人生と仕事とお金について考えるメディアです。

ライフネットジャーナル オンライン

他人様の人生相談ができるほど人生経験豊富というわけではございませんが、FPとして、かつ子どもを持つ母として、妻として、一社会人として、アラフィフ世代に突入する黒田なりのアドバイスができればと考えています。

第一回目はすでにアップされておりますが、毎月2回更新されます。

引き続き、みなさんの「あるある」なお悩みにお答えしていく予定ですですので、乞うご期待!

それにしても、自分の写真を見ると、顔丸っ!二の腕太っ!!

もうそろそろ、マジメにシェイプアップしないとマズイですな(苦笑)

でも、でも、原因は分かってるんです!お酒の飲み過ぎです・・・

だって、仕事が終わった後のお酒は美味しいんだもん(>_<)

【セミナーのご案内】2/3(土)「北勢緩和ケアネットワーク市民公開講座」in三重のお知らせ

みなさん、ごきげんよう。FP黒田です。

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願いします。

さて、2月3日に、三重県四日市市で行われる北勢緩和ネットワークさん主催の市民公開講座で講師をつとめます。

三重県でお話させていただくのは久々です。

詳細は、こちら

●テーマ:がんサバイバーFPが伝えたい がんとお金・仕事のはなし

●日時:2月3日(土)13:30~15:30(開場13時)

●定員:110名

●主催:北勢緩和ケアネットワーク  後援:四日市市医師会

●場所:近鉄百貨店四日市店 11Fアートホール

 

 

冬季休業のお知らせ

 

みなさま、ごきげんよう。FP黒田です。

年末というのに、まったく仕事が終わらないワタクシです。

とはいえ年末年始は、実家のある富山に帰省する予定。

寒波がやってきて、日本海側は大変なことになっている様子なので、寒がりのワタクシとしては、恐れおののいているのですが・・・

ということで以下の期間、お休みさせていただきます。

<2018年冬季休業>

2018年12月月30日(日)―2019年1月3日(木)

基本的にメール等はつながりますが、お返事等が遅くなる可能性があります。

その旨、ご了承ください。

では、みなさまも良いお正月をお迎え下さい。

【セミナーのご案内】3/9(土)「FP向けがん患者さんへのアドバイス&基礎講座」in東京のお知らせ

みなさん、ごきげんよう。FP黒田です。

今年は寒いクリスマスになりましたねー。

中二になる娘からは、数日前に3枚にも渡る「サンタさん(お母さん)へ」というお手紙をもらいました。

手紙には、プレゼントに欲しいものと、「25日の朝に、そっと枕元にプレゼントを置いておいてください。」という指示までしてあって。

まったく、まだまだ子どもなんだか、成長したんだか・・・(苦笑)

クリックすると新しいウィンドウで開きます

さて、本日は、来年3月に黒田が講師を担当するFP向けのセミナーのご案内です。

今年3月に東京、10月に大阪で実施して、大変、好評をいただいた講座です。

おもな概要は以下の通りとなります。↓↓(黒田は第二部を担当します)

セミナーは二部構成になっていますので、一括あるいは個別のお申込みも可能です。

<日時>2019年3月9日(土) 10:30~16:30(昼休憩1時間含む)

<場所>中央大学駿河台記念館(東京都千代田区神田駿河台3-11-5)

<スケジュールおよび内容>

第一部①【10:30~12:30】FPに求められるがん患者へのアドバイス講座

・内容:がん診療拠点病院での相談対応と事例紹介

・受講料:4,320円

・課目:倫理(単位数AFP/CFPともに3単位)

・講師:岡本英夫(NPO法人がんと暮らしを考える会 副理事)
大学卒業後、金融専門出版社(㈱近代セールス社)でFP専門誌編集長、制作本部長などを経験。「がんと暮らしを考える会」では、FPとしてがん診療連携拠点病院でがん罹患者とその家族のための相談業務に携わっている。

【12:30~13:30昼休憩】

第二部②【13:30~16:30】がん罹患後の家計の見直し基礎講座

・内容:がん罹患者との相談時に留意すべきポイント、実際の相談事例に対応したロールプレイングなど

・受講料:5,400円

・課目:リスク(単位数AFP/CFPともに2単位)

・講師:CFP®・がんサバイバー 黒田尚子
大学卒業後、大手シンクタンクにSEとして勤務。在職中にFPの資格を取得し、1998年FPとして独立。2009年末に乳がん告知を受け、「がんとお金の本」(Bkc)を上梓。自らの体験から、がんなど病気に対する経済的備えの重要性を訴える活動を行っている。

詳細は→20181224 3月9日東京FP講座案内チラシ

お申込みは→こちら

【ご案内】1/19フォーラム「がんと生きる ~こころとからだ 私らしく~」(東京)

みなさん、ごきげんよう。FP黒田です。

本日は、来年1月19日に東京ので開催されるNHKさん主催のフォーラムのご案内です。

がんと共に生きて行く時代となった今、、サバイバーには、さまざまな問題や悩みが生じています。

フォーラムのタイトルにもあるように、自分らしく生きるための術について、がんサバイバーや医療者が、最新医療・ケアについて語り合うフォーラムです。

黒田も所属する「がんと暮らしを考える会」の賢見理事長も登壇。

さらに、当日は黒田もお手伝い要員として、同会のブースに座っているか、その周辺でビラを配っている予定です(笑)

会場で黒田を見かけたら、お気軽にお声掛けください~!

****************

●日時:2019年1月19日(土曜日)
開場:午後0時30分 開演:午後1時 終演:午後3時30分(予定)途中休憩あり

●会場:文京シビックホール 大ホール
(東京都文京区春日1‐16‐21 文京シビックセンター1階)

地図]※NHK厚生文化事業団サイトを離れます。

お申込み&詳しくはこちら

フォーラムがんと生きる チラシ

 

【メディア向け】12/10(月)チューリッヒ生命主催「現在のがん治療と備え」に関する特別勉強会のご案内

みなさん、ごきげんよう。FP黒田です。

本日は、12月10日(月)に実施するメディア向けの勉強会のお知らせです。

テーマは、「現在のがん治療と備え」ということで、東京大学の中川恵一准教授とともに、黒田もFPかつサバイバーとして登壇いたします。

詳細については→【ご案内状】チューリッヒ生命 『現在のがん治療と備え』に関する特別勉強会開催

締め切りは12月3日(月)となっていますが、チューリッヒ生命さんにお願いして6日(木)までOKにしていただきました!

その際に「FP黒田に紹介されて・・・」とお申込みくださればスムーズかと存じます。

なお、今回のセミナーはメディア向けですので、一般の方はご遠慮くださいませ。

これまで、メディアの方々からの取材を多々お受けしてしてきましたが、最近のがん患者さんのリアルな現状について、お伝えしきれなかった部分も含めてお話したいと思います。

是非とも、ご参加ください。

 

アフラック生命さん「健康応援医療保険」勉強会に参加してきました!

 

みなさん、ごきげんよう。FP黒田です。

11月29日、東京・渋谷のアフラック・イノベーション・ラボで行われたアフラックさんの勉強会に参加してきました。

テーマは、今年10月22日に発売された「健康応援医療保険」についてです。

そのほか、アフラック・イノベーション・ラボのご紹介や広告プロモーション戦略についてもご案内いただきました。

今回発売された健康応援医療保険のポイントは以下の3つです。

・健康なら保険料キャッシュバックが受けられる

・割安な保険料で入院日額1万円を保障

・ネットで完結。電子証券発行を選択なら第1回保険料300円割引

詳細は→こちら

このほかにアフラックさんが支援するtomosnote -アフラックのがん経験者支援コミュニティについてもご紹介いただきました。

お土産には、毎回新シリーズのアフラックダックをいただきました。

我が家には、歴代のアフラックダックが山ほどあって、ちょっとしたコレクション化しております(笑)。

娘のアフラックダックコレクション!ひとつなんか違う・・・

男性がん総合セミナー「Mo-FESTA CANCER FORUM」に参加してきました!

みなさん、ごきげんよう。FP黒田です。

この連休は、全国各地でさまざまなイベントが開催されたことでしょう。

ワタクシは、通常通り、ほぼ仕事の毎日でしたが、ふと思い立って、11月24日(土)に神保町TKPガーデンシティPREMIUM神保町(テラススクエア)で行われた、「Mo-FESTA CANCER FORUM」にちょこっと参加してきました。

主催は、腺友倶楽部さん。

前立腺がんや精巣腫瘍などの男性がんの問題を多角的に扱う男性がん総合腺友フォーラムです。

ということで、会場はほぼ男性ばかり。

これまで、乳がんなどのがんのイベントに参加することが多く、当然のことながら、参加者は女性の患者さんばかり。何だかとっても新鮮でした。

キャンサーネットジャパンさんが協力されているということで、顔見知りのスタッフさんからは「あれ?黒田さん、なんで来たの?」なんて言われちゃいました(苦笑)

最後の患者シンポジウムでは、男性がん患者さんの副作用やお悩みなどリアルな声を聴くことができました。

登壇されたのは、前立腺がん、精巣腫瘍、男性乳がんのサバイバーの方々。

とりわけ、同じ乳がんである男性乳がんの野口さんのお話は興味深かったです!(男性乳がん患者会「メンズBC」も立ちあがっているそう!!)

なかなか、がんに罹患した後、男性がん患者さんがどんな風に感じているか、どんな悩みや問題を抱えているのかなど、知る機会は少ないので、これを拝聴できただけでも、参加した甲斐がありました!

仕事の都合で、途中から参加となりましたが、シンポジウムの内容は、いずれ動画がアップされるそうですので、楽しみです。

 

【お知らせ】今年最後デス!2018年度第4回(2018年11月)の聖路加国際病院「おさいふリング」

みなさん、ごきげんよう。FP黒田です。

隔月で行っている聖路加国際病院「おさいふリング」が、今月11月21日(水)、28日(水)18:30~20:00に開催されます。

会場は、築地駅近くの「大村進・美枝子記念臨床学術センター」1階(同じく1階にタリーズが入っています)

今年最後で、次回の開催は3月となります(1月は寒いので、患者さんの体調を気遣って・・・)。

いつも少人数でやっていますが、まだ若干(あと1~2名くらい?)参加可能ですので、ご興味がある方はお申込みください。

聖路加国際病院で治療を受けていない患者さんも申込みOKでーす。

最近は、「ウチでやっていないけど、聖路加さんでやっているから、行ってみたら?」と他病院さんからご紹介をいただくことも多いようです。

お問合せは、

聖路加国際病院 医療連携相談室  ( Tel :03-5550-7105)まで。

【イベントのご案内】11/24(土)ライフネット生命開業10周年記念でのセミナー&無料相談会のお知らせ

みなさん、ごきげんよう。FP黒田です。

本日は、黒田が講師をつとめるイベントのお知らせです。

11月24日(土)にライフネット生命さんが、開業10周年を記念してイベントを開催されます。

そこで、無料のセミナー&ミニ相談会を行いまーす。

セミナーのテーマは「消費税10%になる前に!知っておきたいカンタン家計防衛術」です。

家計管理のこと、資産運用のこと、保険のこと、住宅ローンのことなど、盛りだくさんでお話させていただきます。

詳細は以下の通り↓です。

お申込みは定員制&先着順で、まだ若干申込みに余裕があるそうですので、ご興味のある方はどうぞ。

【セミナー開催概要】

●日時:11/24(土)11:30~12:30

●場所:スタジオEASE目黒(東京都品川区西五反田3-1-2)

<11月12日追記> セミナー申込済みの方は、開始時間11: 30までに1階セミナー会場にお越しください(詳細は当日、 会場マップをご参照ください)

●アクセス:JR目黒駅西口アトレ2側を出て「三菱UFJ銀行」の角を左に曲がり、線路沿いに徒歩2分

●定員:30名(場合によっては立ち見になる場合がございます。あらかじめご了承ください))

事前申込制(先着順)となるため、セミナー参加をご希望の方は無料チケットを人数分お申し込みください。

詳細はこちら↓

https://lifenet-10th-marche-moneyseminar.peatix.com/

 

新連載始まりましたー!「マネー現代」

みなさん、ごきげんよう。FP黒田です。

最近、なぜか原稿執筆のご依頼が非常に多くなっておりまして、しかも毎月の連載モノ。

おそらく、ネット配信の記事が増え、必要な原稿の数が増えてきたためとマネーに関する記事への関心が高いからではないかと推測されます。

でも、ネット配信の記事って、なんとなくタイトルに惹かれて読んでみたものの「なーんだ」って感じで、内容が薄くて、読み捨てにされるような記事も多いような・・・

ワタクシとしては、実名で書くからには、しっかりとした内容のものにしたいと常に考えておりまして、そんなに軽ーい感じで書けないんですよ。

ご依頼が多いのは、そんな強い想いが伝わっているせいもあるのかもしれませんが、なかには、条件等があわず、泣く泣くお断りする案件も。

その中で、担当編集さんの強いご希望によりお引き受けすることになったのが、講談社さんの「マネー現代」です。

すでに今月27日、差額ベッド代についての記事が配信されています。

約100万円が「無料=0円」に!知っておきたい差額ベッド代の勘定

とくに、医療・介護等についての記事を中心に執筆しますので、お楽しみにー。

 

リニューアルしたティーペック株式会社 「T-PEC Channel」に登場してます!

みなさん、ごきげんよう。FP黒田です。

保険関係のお仕事をされている方であれば、よくご存じのティーペックさん。

充実のセカンドオピニオンサービスや24時間健康ダイヤルなど、次々と新しい付帯サービスをご提案されていますよね。

保険選びのポイントとして、ティーペックさんの付帯サービスが受けられるかも条件の一つにあげるFPもいるほどです。

同社では、保険会社の方々などを対象に「ドクターオブドクターズネットワーク(DofD)認定者」という認定制度を実施。

「DofD認定講師」や「DofD認定プロデューサー」等の資格者に対する情報提供を行う専用webサイトを運営されてきました。

10月1日に、このサイトが 「T-PEC Channel」としてリニューアル。

ティーペックさんとは、以前、砂原社長にインタビューさせていただいて以来のご縁。これまでも、同社のサービスについて、たびたび問い合わせをお願いしておりました。

そこに、黒田も参加しているんです!

現在、アクセスランキング1にランキングされている↓は、さまざまながんに罹患された幅広い年代の女性たちのリアルなお話が繰り広げられており、要チェックです!

【女性がん患者の座談会1】告知をうけて変わったこと、変わらないこと

(座談会メンバーの協力は、がんに直面する女性のためのコミュニティ『Peer Ring ピアリング』さん)
https://peer-ring.com/

他にも、気になる医療情報などの情報が盛りだくさんですので、是非、対象者の方は登録&閲覧ください!

10/17配信「医療費控除の対象となる医療費」記事について

みなさん、ごきげんよう。FP黒田です。

10月17日にRAKUTEN NEWSで配信された「知って損なし「医療費控除対象」32項目」(プレジデントオンラインから転載)の内容についてお問合せがありましたので、コメントさせていただきたいと思います。

お問合せがあったのは、医療費控除の対象になるもの、ならないもののうち「整体」に関する記述です(以下、記事から抜粋)。

その他

<対象になる出費>
●病気・ケガの治療を目的として、マッサージ、鍼灸、整体などを受けたときの施術費用

<対象にならない出費>
●「疲れを癒やす」「体調を整える」といった、治療に直接関係のない目的でかかったマッサージ、鍼灸、整体などの費用

おそらく整体師の方だと思われますが、

「いつから、どのような経緯で、整体は医療費控除の対象になったのですか?」

「整体は対象にならないので、混同されると思います」

などのコメントをいただきました。

上記の記事以外に、医療費控除の対象となる医療費については、国税庁の「No.1122 医療費控除の対象となる医療費」をもとに構成しています。

ここでは、医療費控除の対象となる医療費として、以下のものが明記されています。

4 あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師による施術の対価(ただし、疲れを癒したり、体調を整えるといった治療に直接関係のないものは含まれません。)

つまり、あん摩マッサージ指圧師や、はり師、きゅう師、柔道整復師などの国家資格を有している方の治療には、公的医療保険が適用されるものも多く、その場合には治療として医療費控除の対象となる。ということだと理解しています。

ただ、整体師はこれらの資格とは異なります。「整体=整体師が行う施術」だとすると、医療費控除の対象外ではないか?というご指摘はごもっともです。

ただし、今回の記事では、読者のみなさんへの分かりやすさを重視し、「整体=手技を用いた代替医療」としてとらえ、あん摩マッサージ指圧師等の方が行うものも含めて「整体」という表現を使用しています。

その後に、医療費控除の対象とならないものとして、健康増進のためとして行われるマッサージ、整体を挙げておりますし・・・

ただ、医療者の方からの、「患者さんに混同されてしまうのでは?」というご意見は、しっかりと拝聴いたしました。

是非、今後の記事作成の参考とさせていただきます。

いずれにせよ、疾病の治療について、個々の症状・疾病の診断は専門的な知見で判断されるものですから、実際の受診に際して、医療費控除の対象となるかどうかを確認することをお勧めします。

なお、個別にコメントいただいた方へはすべてお答えしきれず、HP上での回答になりましたことをご容赦ください。

 

【新刊のお知らせ】「プレシジョン・メディシン~ビッグデータの構築・分析から臨床応用・課題まで」(株式会社エヌ・ティー・エヌ)が上梓されました!

みなさん、ごきげんよう。FP黒田です。

本日は、黒田が寄稿した書籍発刊のお知らせです。

プレシジョン・メディシン~ビッグデータの構築・分析から臨床プレシジョン・メディシン応用・課題まで」(株式会社エヌ・ティー・エヌ)

ここ数年、大きく取りあげられているプレシジョン・メディシンに関する情報が網羅された1冊で、黒田は、保険診療の課題について担当しました。

最初、ご依頼をいただいた際には、他の寄稿者の方々が、有名大学のエライ先生ばかりで、「なんで、私が??」と大変驚いたものです。

とはいえ、「いただいた仕事は断らないのがモットー」のワタクシ。

しかも、かねてから関心の高いプレシジョン・メディシンに関するものでしたので、せっかくの機会とお引き受けした次第です。

しかし、書き始めていると、正直本当に大変でした。ボリュームもありますし、資料や文献集めから、データの確認などなど、久々に頑張った!という感じの原稿になりました。

ただし、かなり専門的な内容の専門書で、ハードカバー付!

お値段も税込¥49,680円とケタ違い。

寄稿者であるワタクシへの献本もナシです(笑)

なお、著者割引があるようですので、ご興味がある方はお声掛けください。

 

NHKあさイチに出演して。情報を伝える難しさとメディアのチカラ。そして何よりも「患者さんのために」

みなさん、ごきげんよう。FP黒田です。

今月10日のNHKあさイチの「がんになったときのお金」特集に出演しました。

さすが「NHK」。さすが「あさイチ」という感じで、仕事関係者はもちろん、全国のがん友や知人・友人・親類縁者などなど。各方面から「観ました!」というたくさんのご連絡を頂戴しました。

みなさん、ありがとうございます。

そして、NHKさんには、今回「がんとお金」というテーマを取りあげてくださったことを深く感謝します。

私が2009年に乳がんに罹患して以来、FPとして、乳がんサバイバーとしてがんとお金に関する問題について取り組んできました。

以前よりは、がんになったときにかかる医療費や治療費のこと。休職や離職で収入が減ってしまうことなどが注目されるようになりましたが、まだ十分とはいえません。

とくに、がんでお金に困ったときに、どこに相談して良いのか、途方に暮れる患者さんが多いのが現実です。

以前、医療機関でがん患者さんの相談を受けたときのこと。

「お医者さんにお金のことを話すと、自分の命とお金を天秤にかけているようで言い出せなかった。

相談できる人や場所があることも知らなかった。

もっと早く知っていたら、こんなに苦しまずに済んだのに・・・」と涙ながらに話してくださった患者さんがいました。

このような方を一人でも減らすために、多くの方にがんとお金の問題について関心を持っていただくために、メディアというのは非常に有効な手段です。

その一方で、情報を伝えることの難しさも痛感しました。

みなさんにお伝えしたいこと、知っておいていただきたいことは、本当にたくさんあるのです。

でも、それをすべてお伝えすると、受け手側が情報を処理できず、結局、何も残らない。

しかし、あまりにも情報が少なすぎると、誤解を生む恐れがある。

今回の出演で、情報の送り手が、受け手に合わせて、お伝えしたい内容を精査・整理し、正しくお伝えするということが重要なのだと学びました。

その上で、驚いたのはメディアの威力です。

番組では、「以前に加入したがん保険などでは、今のがん治療に適応できていない可能性がある。見直しやメンテナンスが必要」とお伝えしました。

すると、保険会社さんのコールセンターに電話が殺到。

がん保険の問い合わせや加入率もアップしたそうです。

けれども、前提として、がんの経済的リスクに備える方法は「保険ありき」ではありません。

加入先の公的保障や預貯金も重要なのです。

番組では、それもお伝えしたはずなのですが、「がん保険に入っていないので、心配です」というFAXも多く寄せられました。

丁寧にご説明していくしかないのでしょうね。心配な方は、一人で悩まずにFPに相談してください。

日本FP協会に所属するCFP®認定者だけでも全国に2万人以上いますから!

そして、最後に。

一緒に出演していただいた聖路加国際病院の山内英子先生にも感謝です。

番組が始まる前にかけてくださった英子先生の言葉が今でも耳に残ります。

「黒田さん、’患者さんのため’に頑張りましょう。多くの患者さんに黒田さんの言葉がきちんと伝わりますように。」

そう。CFP®認定者の倫理原則の第一は「『顧客第一』顧客の利益を最優先させなければならない」です。

これからも、誰のために活動するのかを常に意識して、切磋琢磨していきたいと思います。