住宅金融支援機構さんのリバースモーゲージ型住宅ローン「リ・バース60」勉強会に参加してきました!

住宅金融支援機構さんのリバースモーゲージ型住宅ローン「リ・バース60」勉強会に参加してきました!

みなさん、ごきげんよう。FP黒田です。

昨日は、日帰りで姫路に出張に行ってきました。

10時前の東京発の新幹線→13時くらいに姫路到着。1時間セミナーでお話して、17時前の姫路発の新幹線に乗って→20時東京着。

ほぼ1日、新幹線に乗っていただけですが、疲れました・・・

しかも、お土産に買った穴子寿司を新幹線に置き忘れ・・・

という、前日の凹んだ気分を振り切って、雨の中、機構さんの勉強会に参加してきました。

テーマは、住宅融資保険を利用した金融機関によるリバースモーゲージ型の住宅ローンについて。

満60歳以上でなければ利用できません。

リバースモーゲージですから、毎月の支払いは利息のみで、元金は利用者が亡くなった時点で、担保物件の売却などによって一括して返済することになります。

この住宅ローンが向いているのは、↓のようなニーズのある方。

・子どもが独立して、広い戸建てが不要になったので、便利な駅近のマンションを買いたい

・年金収入のみになって、毎月の住宅ローン負担が重くなったので軽減したい

・お金は持っているけれども、長生きリスクに備えて手持ち資金を残したまま、住み替えたい

もちろん、この年齢から住宅を取得するリスクや、残債額が相続人に請求される「リコース型」を選んだ場合、担保物件を売却しても残債額に満たなかった場合の取扱いなどなど、利用の際の注意点はありそう。

でも、ちょっと考えただけでも使い方のバリエーションもイロイロとありそうで、とても面白い商品だと感じました。

高齢者の住まいに関するニーズは多様化していますし、ご相談も増えています。

是非、いずれどこかの媒体でご紹介したいと思います!

 

 

 

メットライフ生命さんの新商品「介護定期保険(米ドル建て)」説明会に参加してきました!

みなさん、ごきげんよう。FP黒田です。

東京ガーデンテラス紀尾井町にあるメットライフ生命さんで行われた、6月2日に発売が開始された新商品-会社経営者向け保険「介護定期保険(米ドル建)」-の説明会に行ってきました。

商品の特徴としては、

・経営者に必要な介護・死亡・高度障害にかかる大型保障が確保できること。

・支払保険料が全額損金算入できること。

・解約返戻金を役員退職慰労金の財源として活用できること。

・契約者貸付が利用できること。

・米ドル建てのため、通貨分散による資産防衛のメリットがあること。

などが挙げられます。

メットライフ生命さんとしては、これまで円建て法人向け商品ラインナップが少なく、今後も成長が見込める第三分野と外貨建ての競争力のある商品を投入していきたいというご意向のようです。

個人的には、法人向け保険の知識がCFP試験レベルで止まったままでしたので、同席されたFPのみなさんからの質問がとても勉強になりました。

あと、一応、ウチの夫も経営者で、しかも輸入関連業者・・・。

日頃から、為替リスクには悩まされている様子を目の当たりにしていることもあり、一消費者として、真剣に検討してしまいました(笑)。

また、最後の方では、メットライフ生命さんの付帯サービスに新しいサービスが加わったこともご紹介いただきました。

「健診・人間ドックなんでも相談室」と「仕事とガン治療の両立サポート」です。

いずれも、すでに、サービス提供会社であるT-PECさんの方から「こんなサービスがありますよ」とは、聞いていたのですが、さすが、メットライフ生命さん。導入が早いですねえ。

是非とも、ご契約者のみなさんには、活用していただきたいと思います!

【お知らせ】「がんとお金の真実(リアル)」購入→簡単なテストで継続教育単位が取得可能になりました!

みなさん、ごきげんよう。FP黒田です。

全国のAFP、CFPのみなさんは、ご存じのことですが、私たちFPには、継続教育という制度がございまして、一定期間内(2年間)のうちに、所定の単位(AFP15単位、CFP30単位)を取得しなければ、資格が更新できないシステムになっております。

要は、資格を取るときに一生懸命勉強して、試験をクリアしなくてはならないだけでなく、取得後も、知識・情報のブラッシュアップが必要なために設けられている制度なのです。

この単位は、セミナー受講以外に、執筆、講演、相談など、通常のFP業務をしている場合も単位にカウントされます。

ということで、ワタクシのように、独立系FPとして仕事をしている者は、いわば’売るほど’単位が有り余っているのですが、企業系FPの方の中には、単位が足りないと悩んでおられる方もいるようです。

さて、前置きが長くなりましたが、ここから本題。

6月1日から、拙著「がんとお金の真実(リアル)」で、継続教育単位が取得できるようになりました!

もちろん、書籍本体のみを購入するよりも若干高く(書籍本体:定価1296円)なり、簡単なテストに合格する必要があるそうですが、お忙しい方かつ黒田の書籍に元々ご興味のお有の方は嬉しいのではないでしょうか?(笑)

取得科目は、ライフプランニング・リタイアメントプランニング。

テストのweb解答は受講料2700円、マークシート解答は3132円です。

詳しくはこちら