【新刊のお知らせ】「プレシジョン・メディシン~ビッグデータの構築・分析から臨床応用・課題まで」(株式会社エヌ・ティー・エヌ)が上梓されました!

【新刊のお知らせ】「プレシジョン・メディシン~ビッグデータの構築・分析から臨床応用・課題まで」(株式会社エヌ・ティー・エヌ)が上梓されました!

みなさん、ごきげんよう。FP黒田です。

本日は、黒田が寄稿した書籍発刊のお知らせです。

プレシジョン・メディシン~ビッグデータの構築・分析から臨床プレシジョン・メディシン応用・課題まで」(株式会社エヌ・ティー・エヌ)

ここ数年、大きく取りあげられているプレシジョン・メディシンに関する情報が網羅された1冊で、黒田は、保険診療の課題について担当しました。

最初、ご依頼をいただいた際には、他の寄稿者の方々が、有名大学のエライ先生ばかりで、「なんで、私が??」と大変驚いたものです。

とはいえ、「いただいた仕事は断らないのがモットー」のワタクシ。

しかも、かねてから関心の高いプレシジョン・メディシンに関するものでしたので、せっかくの機会とお引き受けした次第です。

しかし、書き始めていると、正直本当に大変でした。ボリュームもありますし、資料や文献集めから、データの確認などなど、久々に頑張った!という感じの原稿になりました。

ただし、かなり専門的な内容の専門書で、ハードカバー付!

お値段も税込¥49,680円とケタ違い。

寄稿者であるワタクシへの献本もナシです(笑)

なお、著者割引があるようですので、ご興味がある方はお声掛けください。

 

NHKあさイチに出演して。情報を伝える難しさとメディアのチカラ。そして何よりも「患者さんのために」

みなさん、ごきげんよう。FP黒田です。

今月10日のNHKあさイチの「がんになったときのお金」特集に出演しました。

さすが「NHK」。さすが「あさイチ」という感じで、仕事関係者はもちろん、全国のがん友や知人・友人・親類縁者などなど。各方面から「観ました!」というたくさんのご連絡を頂戴しました。

みなさん、ありがとうございます。

そして、NHKさんには、今回「がんとお金」というテーマを取りあげてくださったことを深く感謝します。

私が2009年に乳がんに罹患して以来、FPとして、乳がんサバイバーとしてがんとお金に関する問題について取り組んできました。

以前よりは、がんになったときにかかる医療費や治療費のこと。休職や離職で収入が減ってしまうことなどが注目されるようになりましたが、まだ十分とはいえません。

とくに、がんでお金に困ったときに、どこに相談して良いのか、途方に暮れる患者さんが多いのが現実です。

以前、医療機関でがん患者さんの相談を受けたときのこと。

「お医者さんにお金のことを話すと、自分の命とお金を天秤にかけているようで言い出せなかった。

相談できる人や場所があることも知らなかった。

もっと早く知っていたら、こんなに苦しまずに済んだのに・・・」と涙ながらに話してくださった患者さんがいました。

このような方を一人でも減らすために、多くの方にがんとお金の問題について関心を持っていただくために、メディアというのは非常に有効な手段です。

その一方で、情報を伝えることの難しさも痛感しました。

みなさんにお伝えしたいこと、知っておいていただきたいことは、本当にたくさんあるのです。

でも、それをすべてお伝えすると、受け手側が情報を処理できず、結局、何も残らない。

しかし、あまりにも情報が少なすぎると、誤解を生む恐れがある。

今回の出演で、情報の送り手が、受け手に合わせて、お伝えしたい内容を精査・整理し、正しくお伝えするということが重要なのだと学びました。

その上で、驚いたのはメディアの威力です。

番組では、「以前に加入したがん保険などでは、今のがん治療に適応できていない可能性がある。見直しやメンテナンスが必要」とお伝えしました。

すると、保険会社さんのコールセンターに電話が殺到。

がん保険の問い合わせや加入率もアップしたそうです。

けれども、前提として、がんの経済的リスクに備える方法は「保険ありき」ではありません。

加入先の公的保障や預貯金も重要なのです。

番組では、それもお伝えしたはずなのですが、「がん保険に入っていないので、心配です」というFAXも多く寄せられました。

丁寧にご説明していくしかないのでしょうね。心配な方は、一人で悩まずにFPに相談してください。

日本FP協会に所属するCFP®認定者だけでも全国に2万人以上いますから!

そして、最後に。

一緒に出演していただいた聖路加国際病院の山内英子先生にも感謝です。

番組が始まる前にかけてくださった英子先生の言葉が今でも耳に残ります。

「黒田さん、’患者さんのため’に頑張りましょう。多くの患者さんに黒田さんの言葉がきちんと伝わりますように。」

そう。CFP®認定者の倫理原則の第一は「『顧客第一』顧客の利益を最優先させなければならない」です。

これからも、誰のために活動するのかを常に意識して、切磋琢磨していきたいと思います。

【セミナーのご案内】11/15(木)「知っておきたいがんとお金のはなし」in東京のお知らせ

みなさん、ごきげんよう。FP黒田です。

本日は、東京で開催される、一般の方向けのセミナーのご案内です。

詳細は以下の通りです。

******************************************************:

■テーマ:「まさかの時に慌てないために~知っておきたいがんとお金のはなし~」

■日時:11月15日(木)14:00~16:00(受付13:30)

■場所:文京シビックホール 響きの森文京公会堂 多目的室

■定員:100名(先着順)

■参加料:無料

■保育:なし

■お申込み先・お問合せ先:

東都生活協同組合 共同購入事業部 共済グループ

TEL:03-5384-7861(受付時間 月~金 10時~16時)

******************************************************:

なお、今回のセミナーは、東都生協さんのピンクリボン活動の一環として開催されますので、とくに乳がんに関する情報を中心にお伝えする予定ですが、それ以外のがんについても知っておきたい情報満載です。

もちろん、男性もウエルカムです!(男性も乳がんになる可能性はあります!)

意外に、ワタクシが東京で一般の方向けにセミナーをする機会は少ないので、この機会をお見逃しなく!